雇用の豆知識ではなく、基本知識を解説しています。

雇用現代

ホーム

雇用形態別説明

給料についての説明

求人広告の見るポイント

面接の時のポイント

ご意見・ご感想

リンク集

リンクについて

当ホームページはリンクフリーとなっております。ご自由にリンクを張って下さい。また、バナーをご利用の方は、したのバナーをご利用下さい。

雇用現代バナー

雇用現代バナー

雇用形態別説明

アルバイトとパート

アルバイトで働いている人や、パートタイマーで働いている人たちのことを法律では、短時間労働者と呼んでいます。基本的に、この二つの形態をわけるとすると、まず、時間で分ける事ができます。
まず、アルバイトは、短くて、2時間程度の所や、長くても5時間ぐらいの時間になります。一方パートは、だいたい、8時間ぐらいの仕事の時間があります。
仕事の内容でも、アルバイトは、簡単な仕事しか任せて貰えません。時間も短いので、簡単な仕事しか出来ません。パートだと、正社員のしている仕事の補助と言うような形になると思います。補助と言っても、アルバイトの人の仕事がもう少し難しくなったぐらいで、責任の問題からすると、大して重く考えられていないです。
他にも、給料では、だいたい、時給で計算をします。働く時間帯にもよるのですが、ほぼ、時給は同じだと考えても大丈夫です。ただ、働いている時間がパートが長いので、その分給料は多く貰えます。
最近では、改善されてきているんどえすが、まだまだ社会保険は、万全ではありません。
ほとんと付いていないと考えてもいいと思います。
アルバイトや、パートと言うのは、学生がやっているイメージだったのですが、最近では、卒業をしても、就職を出来ない社会人の人もやっているので、問題となると思います。

派遣社員

まず、派遣社員と言うのは、今働いている会社に雇用をされているわけではないと言うのを知っておいて下さい。
派遣社員は、派遣会社に登録をします。そして、派遣会社以外の会社から派遣会社にどういう人を派遣してほしいと言う依頼がきます。依頼がきたら、派遣会社は、要望に合う人を選んで、その会社に人材を派遣するのです

つまり、雇用をされている、場所は、派遣会社なのですが、働く場所は別の会社となるわけです。

正社員以外の雇用の特徴

正社員以外の雇用は、正社員に比べると、不利な所がイッパイあります。当然となる所ですが、雇用されている期間も正社員と比べると短いです。さらには、福利厚生もすべて適応されるわけではないのがほとんどです。
また、収入も見て見ると、少ないのが普通となっていますし、ボーナスも貰えないのが一般的となっています。
さらには、退職金も貰えません。このように、結構条件面をみてみると、不利な所がイッパイあるのです。

しかし、メリットもあります。
それは、自分の都合の良い時間を選んで働く事が出来る所です。
また、1つの会社だけではなく、時間が合えば、いくつかの会社を掛け持つ事もできます。
ですので、学生がアルバイトや、パートをするのです。学校が終わってからの空き時間を利用して、バイトをしたり、自分の趣味を充実させる為に、アルバイトの数を増やしたりする事ができます。

 

注目サイト

Apple
https://www.apple.com/jp/
特殊紙
http://www.niwa-p.co.jp/meishi/
オリジナル ポロシャツ
http://www.wedia-t.com/products/list.php?category_id=8

Last update:2015/1/22

←戻る

▲ページトップ

 

Copyright (C) 2008雇用現代. All Rights Reserved